自分と家族のために|自分で行なう生前整理【今後のことを考えて行動する】

自分と家族のために

和室

行う時は知らせる

終活はテレビなどで時々特集が組まれるほど、多くの方が行なっていて、そして多くの方が興味を持っているものです。終活にはさまざまものがあり、自分が棺の中に入り体験するものまでありますが、実際に元気なうちに行っておいた方が良いものが生前整理です。自分のこれからの生活に必要なものと不要なものとを区別し不要なものは処分しておくものです。生前整理を行い不要なものを処分する時に注意することは、自分の家族に生前整理をするということを知らせておくことです。特に結婚などで家を出た子供がいる場合は、家の中にその子供にとってとても大切な思い出の品がある可能性があります。処分してしまったものは元に戻すことは難しいので、後になって険悪な関係にならないためにも生前整理を行う時は知らせておくことが必要です。

不要な物が無いということ

生前整理は、終活の中でもとても大切なことで、終活のほとんどは生前整理と言っても良いくらいです。生前整理では、自分のこれからの人生の中で必要なものと不要なものを区別し、不要なものを処分しておくというものです。不要なものを処分することで、身軽になりこれからの人生で大切なものが見えてくるも言われています。また、家の中から不要な物が減るというのは、スペースが広がるということです。スペースが広がると家の中で動きやすく生活が快適になります。年齢を重ね体が動かしにくくなっても、快適に生活できる準備となります。また、亡くなった後に残された家族は生前整理がしてあるとその後の行動を取りやすくなります。物を処分するのはとても大変なことですが、一度行っておけば後の人生を楽に生活していけるようになります。